小粒のいちごが店頭に並ぶ今の時期、ジャム作り熱がぐいぐい上がりますよね。基本の作り方をマスターして、一年中、旬のフルーツを使った手作りジャムを楽しみましょう。
メルマガメインバナー
ジャム作り
手作りだからこそできる
自分好みの果肉たっぷりジャム


旬のフルーツのおいしさをぎゅっと閉じこめた、とっておきのジャムを作りませんか? 

フルーツの風味が凝縮された、ジューシーな食感と香り。甘さや果肉感も手作りなら、自分好みの仕上がりに。
フレッシュなフルーツよりも長い間おいしさを楽しめる『ジャム』を極めましょう。
【3ステップで簡単】
基本のいちごジャムレシピ
基本のいちごジャム
まず知っておきたいのは、フルーツに対して50%~100%のお砂糖を加えてじっくり煮詰める、クラシックなジャムレシピ。
 
ジャム作りのポイントはこの3つ
 
1.一晩おいて、フルーツの水分をしっかり出すこと。
.しっかりアクをとることで透明感のある仕上がりに。
.フルーツの色と風味を引き出すためには、強火で短時間!
 
混ぜ合わせる
【1】混ぜあわせる
ガラスボウルにいちご、砂糖、レモン汁を入れ軽く混ぜ合わせラップをし、一晩おく。
火にかける
【2】火にかける
いちごから水分が出たら鍋に移し替え、強めの中火にかける。沸騰してアクが出てきたら取り除く。
煮詰める
【3】煮詰める
焦げないように混ぜながら103~105℃まで煮つめて、火を止める。
>もっと詳しく!基本のいちごジャムレシピ
正しい保存方法でジャムを長く楽しむ
ジャムの保存方法
煮沸消毒&脱気でジャムをしっかり保存

せっかくジャムを作ったら、長くおいしく楽しみたいもの。
そのためには、正しい保存の方法が大切です。
きちんと保存して、いつでもおいしいジャムを食べれるようにしましょう。
 
砂糖で変わるジャムの味わい
フルーツシュガー
フルーツシュガー
シロップの抽出も早く、すっきりとキレが良い甘さで、色や香りが鮮やかに残ります。
きび砂糖
きび砂糖
サトウキビの風味が活きた、優しい甘さに、ジャムがほんのりベージュがかった色に。
トレハロース
トレハロース
きれいな色ですっきりした甘さのジャムに、保水効果が高いので保存状態もよくなります。
ジャムに「ちょい足し」するだけでプロの味
リキュール
スパイス&リキュールで深みのある味に
 
フルーツや砂糖の甘みに、スパイスやリキュールをプラスすることで味に深みと奥行きがでます。
 
【おすすめのスパイス】
・ふんわり甘い香り バニラビーンズ
・爽やかな香りとかすかな辛み シナモン
 
【おすすめのリキュール】
・ベリー系のフルーツには相性のよいキルシュ
・柑橘系にはコアントローやグラン マルニエ
 
ジャムと一緒に食べたい!とっておきレシピ
生クリーム入りしっとりスコーン
しっとりスコーン
しっとりふんわり食感のスコーンは、クロテッドクリームとジャムと一緒に食べれば最高のティータイムに。
フレンチトースト
フレンチトースト
バターをたっぷり使って焼き上げた厚切りのフレンチトーストに、手作りのジャムをかけてめしあがれ!
> トップページを見る
手作りお菓子とパンの専門店 cuoca
http://www.cuoca.com/
Twitter Facebook Instagram
このメールは、メールマガジンに登録されているお客様に配信しています。
メールマガジンの登録変更・解除
お買い物や商品に関するお問い合わせ
個人情報の取り扱い
(c) cuoca PLANNING CO.,LTD.